胸の大きさは遺伝では決まる?

 

よく胸が小さいのは遺伝するという言葉を聞きますよね。
確かに親子で体型は似ることが多いですが、
親が小さめのバストでもバストアップに成功している人がたくさんいるのは事実です。
ここでは胸の遺伝についてと、胸の小ささを解消する効果的な方法を紹介します。

 

胸の大きさは遺伝する?の真実

 

 

胸の大きさが遺伝すると言われるのは親子で体型が似てくるためですが、
実は遺伝するのはバストを構成している一部に過ぎません。
例えば太りやすい、脂肪がつきにくいという体質や、バストの土台となる筋肉や骨格などです。

 

つまりバストの大きさが似るわけではなく、バストの脂肪のつき方が似るのです。
遺伝すると言われるのはそのせいだと考えられます。
しっかりとバストのケアを行えば、バストにつく脂肪の量は
遺伝に関係なく増やすことが可能
なんです。

 

遺伝ではない!胸が小さい原因は…?

 

 

脂肪がつきにくい体質というのもそうですが、
バストが小さい原因は他にも考えられます。

 

一番大きな原因と思われるのは“女性ホルモンの分泌量が少ない”ということです。
バストは女性ホルモンである“エストロゲン”が多く分泌されることで
乳腺が発達し脂肪が増えていく仕組みになっています。
細くても胸が大きい人はこのエストロゲンの分泌が多く、それがしっかりとバストに届いているのです。

 

バストがもともと小さい体質の人はこの“エストロゲンを増やす”ということを
意識してバストにアプローチしていきましょう。

 

女性ホルモンを増やす効果的なケア

 

食事に大豆製品を取り入れる

 

 

豆腐・納豆・豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボンは体の中で
エストロゲンと似た働きをしてくれます。積極的に食べましょう。
また女性ホルモンの元となるたんぱく質やビタミン・ミネラルもバランスよく摂取するように心がけましょう。

 

乳腺マッサージを習慣にする

 

 

マッサージで直接乳腺を刺激することでエストロゲンの分泌を増やします。
入浴中などにジェルやオイルを使ってマッサージする習慣をつけましょう。
簡単ですぐできる乳腺マッサージをご紹介します。

 

〜エストロゲンを増やす乳腺マッサージ〜

  1. 右手で右胸の谷間から脇に向かって軽く円をかきながらさすります。
  2. 左手で右胸の脇の方から谷間に向かってアンダーバストに沿ってさすります。
  3. 1と2を同時に行います。左の胸も同じように行い、それぞれ5〜10回ずつ繰り返します。

 

強くやり過ぎないように注意しましょう。
また何もつけずに行うと皮膚の伸びの原因になります。
必ずクリームやオイルなどつけながら行いましょう。

 

遺伝と諦める前に…

 

骨格や体質は変えられませんが、バストの脂肪の量は努力次第で変えることができます。
遺伝だからとふっくらとしたバストを諦める必要はありません。
毎日のケアで胸にアプローチして理想のバストを手に入れましょう。

 

胸の大きさは遺伝で決まらない、は本当?

 

もっと手軽にエストロゲンを増やす方法としてバストアップサプリもおすすめですよ。
「ベルタプエラリア」なら高品質のプエラリアという成分が配合されており、
飲むだけでバストアップ効果が期待できます。
何をやってもバストが大きくならない!という方は
一度試してみてはいかがでしょうか。